CSS a擬似クラス - IT生活向上ブログ

CSS a擬似クラス

CSSには疑似クラスというものがあり、文書構造だけでは対応できない状況に対する動的な適応ができるようになります。

リンクに対する擬似クラス、主に以下のものがあります。
:link    未訪問リンク
:visited 訪問済リンク
:active 訪問済リンク指定中
:hover カーソルが乗っている状態
:focus フォーカスされている状態
:unknown 未対応擬似クラスの置き換え


このサイトは
a {
TEXT-DECORATION: none;
}
a:link {
COLOR: #9ebb09;
TEXT-DECORATION: none;
}
a:visited {
COLOR: #5a7705;
TEXT-DECORATION: none;
}
a:hover {
COLOR: #800000;
BACKGROUND-COLOR: #e3e0d1;
}
a:unknown {
COLOR: #800000;
BACKGROUND-COLOR: #e3e0d1;
}
a:active {
COLOR: #800000;
BACKGROUND-COLOR: #e3e0d1;
}

こんな指定です。

カテゴリ:HTML・CSS
タグ:擬似クラス CSS

PR:
手数料無料、スプレッドは1銭から、レバレッジ400倍選択可能、「みんなのFX」
芸能人もびっくり!即効ダイエットなら骨盤ウォーカーベルト
【業界初】保有ポジションのレバレッジ変更機能

人気ブログランキング あとで読む
posted by wing at 2008/12/04 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。