windows時刻設定 - IT生活向上ブログ

windows時刻設定

来年はうるう秒があるそうです。2009/1/1 8:59:60 が入る。
だからというわけではありませんが、パソコンの時計も正確な方が何かとよいですね。
ご存知ない方のために簡単に説明すると、NTPサーバと呼ばれる時刻サーバと時刻の同期をとります。時刻サーバは基本日本標準時刻になっているので正確な時刻に設定できると言うわけです。

フリーソフトで時刻あわせソフトがありますが、標準機能であるので、わざわざ常駐ソフトを増やす事もないと思います。XPの例で。

1.NTPサービス開始
コントロールパネル→管理ツール→サービス
Windows timeでスタートアップの種類を自動。→サービスの開始
既に開始、自動になっていればそのままでOK。

2.NTPサーバ設定
コマンドプロンプトで
net time /setsntp:NTPサーバ
を入力。NTPサーバはプロバイダで公開してあればそれを。
わからなければ、ntp.nict.jp あたりを。スペース区切りで複数設定も可。

参考:日本標準時プロジェクト
http://www2.nict.go.jp/w/w114/tsp/PubNtp/index.html

更新間隔は7日なので早めたい方はレジストリ。自己責任で。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient]
"SpecialPollInterval"=dword:00000e10


上記内容を.regで保存してダブルクリック→実行→はい→OK。
設定例のe10は3600秒(1時間)です。

設定の反映はサービスの再起動。もしくは、コマンドプロンプトで
w32tm /config /update

ntpはudp123を使用するので、うまくいかない場合は、fw設定、ルータ設定の見直しを。
時刻設定はできたが、それでも頻繁に時計が狂う方は、マザーボードの電池が怪しいので交換した方がよいと思われます。

カテゴリ:Windows
タグ:Windows 時刻

PR:
手数料無料、スプレッドは1銭から、レバレッジ400倍選択可能、「みんなのFX」
芸能人もびっくり!即効ダイエットなら骨盤ウォーカーベルト
【業界初】保有ポジションのレバレッジ変更機能

人気ブログランキング あとで読む
posted by wing at 2008/12/26 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。