ワトソン博士停止 - IT生活向上ブログ

ワトソン博士停止

常駐プログラムのワトソン博士を停止。
止めるのだから多少システムは軽くなりますね。
自己診断プログラムであるワトソン博士は、アプリケーションエラーの際にダンプやログを出力します。しかし、このエラーは非常に高度なので一般の人は見てもなかなか理解できません。
そんなものなら、動かしてももったいないので、止めたほうがよいだろう。って事ですね。

ただしワトソン博士を止めると、ワトソン博士がハンドリングをしなくなるので、もともと動作が怪しいシステムでは、メモリ保護エラーなどが顕著化してくる可能性があります。
どちがよいかは好みの問題ですね。個人的には、そんな状態なら、ワトソン博士がどうとかより、再インストールで綺麗にすることをお勧めしますが。

設定はレジストリ。自己責任で。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AeDebug]
"Auto"="0"

上記内容を.regで保存→タブルクリック→はい→OK→再起動。

カテゴリ:Windows
タグ:カスタマイズ Windows

PR:
手数料無料、スプレッドは1銭から、レバレッジ400倍選択可能、「みんなのFX」
芸能人もびっくり!即効ダイエットなら骨盤ウォーカーベルト
【業界初】保有ポジションのレバレッジ変更機能

人気ブログランキング あとで読む
posted by wing at 2009/01/29 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113346328

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。