中国、次世代DVD規格「レッドレイ」を発売 - IT生活向上ブログ

中国、次世代DVD規格「レッドレイ」を発売

ちょっと気になるニュース。

日本語
http://www.ipnext.jp/news/index.php?id=5631

中国語
http://corp.ipr.gov.cn/ipr/corp/info/Article.jsp?a_no=263673&col_no=769&dir=200901

リンク切れのために引用しておくと。
中国武漢市でこのほど、中国独自の次世代DVD規格「紅光(レッドレイ)」プレーヤーとディスクが発売された。中国はこのレッドレイディスクで、全世界に普及している「ブルーレイディスク」に攻勢をかけていくという。

との事だそうで。事の発端はブルーレイは特許料が高いので、自分で開発しました。っ感じですが、それにしてもレッドレイですか。。。ブルーレイに対抗する気持ちはわからないでもないが、そのネーミングはないだろう。
ブルーレイは赤より波長の短い青のレーザーを使うことによって、記録密度を上げる技術。レッドを強調しても、メリットはないのにねぇ。
容量も12Gと技術的なアドバンテージはないので、ほとんどの日本人はネタ扱いで鼻で笑っている感じだが、彼らはいたって大真面目だ。

はなから技術面で勝つつもりはないはずだ。今流通しているコンテンツを安価に流通させるための手段なのではないだろうか。なんとなく今後、海賊版のデファクトスタンダードになっていく予感がひしひしと伝わってきますな。

もし今後、法的な問題がクリアされたら面白いですよ。同じ映画が、えらい安い値段で流通しだしたら、あなたはどちらを選びますか?やはり技術面で勝るブルーレイですか?

DVDの製造原価など、うん百円です。どうなってくことやら。少なくても中国国内では流行りそうですね。

カテゴリ:時事・ニュース
タグ:中国 ニュース 次世代DVD

PR:
手数料無料、スプレッドは1銭から、レバレッジ400倍選択可能、「みんなのFX」
芸能人もびっくり!即効ダイエットなら骨盤ウォーカーベルト
【業界初】保有ポジションのレバレッジ変更機能

人気ブログランキング あとで読む
posted by wing at 2009/01/31 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113470727

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。