風邪を早く治す方法2 - IT生活向上ブログ

風邪を早く治す方法2

以前コラムを書いた件。ご覧になってない方は先にご覧になった方がよいかもしれません。
風邪を早く治す方法

あまり気にしてなかったが、意外と検索エンジンからたどり着いてる方がいるみたいですね。そんな見てる人はいないだろうが、中には読んでがっかりした方もいると思います。

今回は、罪滅ぼしというわけではありませんが、前回のような宗教的?な物ではなくもうちょっと科学的な考察です。
巷で、まことしやかにささやかれている事で、ご存知の方もいると思います。
「小児用ジキニンシロップ」+「ユンケル皇帝液」のコラボ。
このコンビが一発で効く。と評判なのです。

本来、小児用ジキニンは付属のカップで計量し服用するものであって、まるごと1本の服用はしてはいけませんし、厚生労働省的にも認めてはいません。ですので、薬剤師の処方では絶対に出てきません。にもかかわらず、小児用ジキニンは、そのほとんどが大人が服用しているそうである。そういえばOTC薬に大人用液状風邪薬ってないですねぇ。

で、成分を比較すると以下の通り。
小児用ジキニンシロップ1本
アセトアミノフェン 300mg、マレイン酸クロルフェニラミン 2.5mg、
リン酸ジヒドロコデイン 8mg、dl-塩酸メチルエフェドリン 10mg、
無水カフェイン 50mg、カンゾウ(甘草)エキス 332mg

ジキニン顆粒V1包
アセトアミノフェン300mg、マレイン酸クロルフェニラミン2.5mg、
リン酸ジヒドロコデイン8mg、dl-塩酸メチルエフェドリン20mg、
無水カフェイン25mg、カンゾウ(甘草)エキス150mg、
ビスベンチアミン8mg

シロップ1本がちょうど大人1回の服用分とほぼ同じですね。偶然でしょうか。そんなわけないですよね。きっと大人の事情な偶然なんでしょうね。

違う成分を比較してみると、dl-塩酸メチルエフェドリンが少ないです。これは覚せい剤原料の成分であるエフェドリンをマイルドにしたもので、気管支拡張剤として使われます。後は、カンゾウ(甘草)エキスが多いですね。漢方では緩和作用、止渇作用があると言われています。ビスベンチアミンはビタミンB1誘導体なのであまり気にしなくてよいでしょう。こう見るとなんとなくシロップのがよさそうな感じはありますね。液体のが吸収も早そうですしね。

ユンケル皇帝液は、ご存知滋養強壮目的ですので、今回のケースは、より効果を上げるための補助的な感覚でしょう。種類もいくつかありますので高い方がいいのかな。わかりません。

このブログでは、一応おおっぴらには薦めません。私が薦めるのはあくまでイメージトレーニングです。(笑)
今回は単なる考察としてください。自己判断でお願いします。

関連記事:
風邪を早く治す方法


カテゴリ:日記・コラム
タグ:風邪

PR:
手数料無料、スプレッドは1銭から、レバレッジ400倍選択可能、「みんなのFX」
芸能人もびっくり!即効ダイエットなら骨盤ウォーカーベルト
【業界初】保有ポジションのレバレッジ変更機能

人気ブログランキング あとで読む
posted by wing at 2009/02/01 21:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
greate blog, i’m goin to follow it
Posted by heel pads at 2013年07月24日 15:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。