「マジコン」販売禁止命じる  - IT生活向上ブログ

「マジコン」販売禁止命じる 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/27/news077.html

一部引用すると

「ニンテンドーDS」ソフトを不正コピーしたデータを利用できる機器「マジコン」の販売差し止めを任天堂とゲームソフトメーカーが求めた訴訟で、東京地裁は2月27日、業者に対しマジコンの輸入販売禁止と在庫廃棄を命じる判決を言い渡した。


だそうで。まずは、メーカ側に軍配が上がった形。個人的には、「マジコン販売自体」が違法行為だとは思えない。表向きは個人利用のためのバックアップとされている。今回の訴訟は、マジコンによって利益がなくなった。といってるわけである。

表向きの理由とどうあれ、違法ダウンロードしたゲームを遊ぶ目的で利用している人がほとんどである現状に加え、マジコン対策を施したゲームに対しファームのアップデートで対応していくマジコン側。裁判所の判断も致し方ないのかな。とも思える。

ただ、これって難しいですよね。
「あるソフトを買おうとしていた人が、違法ダウンロードして遊んだので買う必要がなくなった。なので本来あるはずの売上がなくなった。」
事を証明しないといけませんよね。今回はこれが認められたわけじゃなく、「ファームのアップデート」がプロテクトの解除行為にあたる。と判断された模様。

マジコン業者を庇うつもりは毛頭ないが、やはり訴えるべき相手は「アップロードした人」なんじゃないかと思う。しかし、マジコンがなければ、アップロードする人もいない。とも考えられるので、矛先がマジコンに向くのも理解できる。アップロードした人なんて特定するのは大変だもんね。

ソフトウェアの世界ではコピープロテクトの話は、切っても切れない話題で、別に今に始まったわけではない。かつてはゲームのプロテクトを解除する目的のソフトまで販売されていた。マジコンより数段悪質だ。

ただ、昔はこうした行為にはそれなりのスキルが必要で、できる人の割合が少なかったのではないだろうか。今、情報化社会が進み、同じ事をするのにスキルが必要なくなってきている事が問題だと思う。いまどき小学生でもマジコンだ。

また、こうしたツールの使用用途には本音と建前があり、昔はメディアの解説も、建前しか言わなかったものだから、マジコンを知ってても「ROMからデータを吸い出すもの」程度の認識で「吸い出したデータでゲームを遊べる」という事をしらなかった人も多いと思う。

それがいまや。。例えばYahooの記事では
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000105-san-soci

【用語解説】マジコン

 不正コピーしたニンテンドーDSのソフトを使えるようにする機器。DS専用ソフトと同じ形状で、語源は「マジックコンピューター」。DSには不正なソフトでは起動しない技術が組み込まれているが、不正なデータを取り込んだパソコン用記録カードをマジコンに挿入してDS本体に差し込めば、ゲームができる。1個5000円程度で販売されている。


などと、堂々と「本音」を解説している。こんな解説や報道が連日されれば、誰でも食いつく。表現が直球すぎる。
技術的には難しいと思うが、「データ」で提供される日がこないかなぁ。そうなれば、価格も安くなるだろうし。今よりもっと買うと思う。
ファミコンの時代のマジコンは利便性が高いとはいいずらいものだったので、マニアの間まででとどまったんではないだろうか。
それに比べDSマジコンは、圧倒的に利便性が高い。なので、こんなに流行っちゃったのではないか。

直接関係ないが、先日中国のとある都市のちょっと怪しげな電気街に行った。ビデオカードとかメモリとか安いので、なんかいいのないかなぁ。と見てたのですが、お店の人がDSマジコンを薦めてきた。なんだ?メモリと間違えたのか?
と思ったが、店の人の話を聞くと違うようだ。

曰く「これを買ってくのはほとんど日本人だ。なので薦めてみた。」だそうな。まじかい?中国人は買わないの?と聞いたら、「0ではないが、これが何なのか知らない人が多いと思う。」だそうな。へー。ちょっと意外だった。それにしても、そこまでして買うなよ。日本人パワーあるなぁ。


カテゴリ:時事・ニュース
タグ:ニュース マジコン

PR:
手数料無料、スプレッドは1銭から、レバレッジ400倍選択可能、「みんなのFX」
芸能人もびっくり!即効ダイエットなら骨盤ウォーカーベルト
【業界初】保有ポジションのレバレッジ変更機能

人気ブログランキング あとで読む
posted by wing at 2009/03/02 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。